乳製品アレルギーの代替品

Sponsored Links

乳製品のアレルギー。牛乳を含まなかったらいいってことだよね?・・・残念ながら、牛乳以外にも乳製品は存在しています。牛乳をはじめ、生クリーム、バター、チーズetc・・・と多岐に渡ります。でも、料理によっては乳製品特有の甘みが欲しいなぁ〜という時もありますよね?

そこで、今回は、私がよく使う乳製品に代わる食品をご紹介いたします!!

Sponsored Links

乳製品アレルギーのための(そうでない人も!)代替品

さぁて、いってみよー!!

*牛乳→豆乳

言わずと知れた豆乳。できれば無調整で無添加&オーガニックのものがおすすめです。最近ではカフェでもオプションで牛乳から豆乳に変更できる所が増えてきて嬉しい限りです。とは言ってもまだまだ少ないですけどね〜(どっちやねん。)また、豆腐を作れる豆乳なんかも売っています!たまにですが、その豆乳とにがりでおぼろ豆腐を作ったりします。出来立ては美味しいですよ♪

*バター→ココナッツオイル

これはバターのような甘めの風味が欲しい時に使います。ただ、ココナッツオイルは独特の風味があるので、少量でも結構香りが立ちます。分量はお好きに調節してください。オムレツに分かるか分からないかぐらいの分量で使うと、ほんのり甘くて美味しいです。

余談ですが、私はスキンケアにも活用しています。(食用のものとスキンケア用のものがありますが、気にならないようでしたら、何も添加されていない食用を使うのもありです。)肌や髪の毛など全身に使えます。※ただし、お肌に合わないようでしたらおすすめしません。自己判断でお願いします。

*生クリーム→ココナッツクリーム

この生クリームの代替品は他にも豆乳生クリーム等があるのですが、一番簡単なのがこのココナッツミルクを使う方法!ココナッツミルクを冷蔵庫で一晩冷やします。そうすると缶の中で水分と固形物に分離します。固形になった方を取り出し(水分も使えるので捨てないで〜)お好みで甘み(きび糖、はちみつ、アガベシロップなど)を加え、ミキサーでよ〜く混ぜたら出来上がり!ケーキのクリームに使ってもよし、パンに塗ってもよし!簡単なのでぜひお試しくださ〜い。

*チーズ→豆乳?!(2回目)

また豆乳!そうです、今度は豆乳チーズです。

材料:

・無調整豆乳200ml

・レモン汁大さじ1

・塩(どちらでも)

つくり方:

⑴豆乳を沸騰する直前まで温め、火を止める。

⑵レモン汁を入れ、大きく2、3回混ぜます。

⑶そのままの状態で15分ほど置いておくと、固まり始めます。

⑷ガーゼや布巾をざるに敷き、豆乳を入れ、冷蔵庫でお好みの固さになるまで水切りします。

まとめ

豆乳は万能!ですが、大豆アレルギーをお持ちの方はNGなのでお気をつけください。

ココナッツオイルは甘みをプラスしたい時におすすめ。

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください