グルテンを含む食材

Sponsored Links

グルテンがダメなのか〜、小麦粉に入っているから、とりあえず小麦粉を食べなければ大丈夫でしょ??・・・以前の無知な状態の私です。

グルテンは、小麦だけではなくあらゆる食材に含まれています。実はこれにもグルテンが入っていたの?!ということもありますが、場合によっては食べられることもありますから要チェックです。

Sponsored Links

グルテンを含む(可能性のある)穀物

・小麦

・大麦

・ライ麦

スペルト小麦

小麦普通小麦の原種。品種改良などが行われていないため栄養価が高く、普通小麦のグルテンより水に溶けやすく吸収されやすいとされています。農薬などをほぼ使わずに栽培可能。また、小麦アレルギーの人が食べてもアレルギーを発症していないケースが多いそう。

※小麦アレルギーとグルテン過敏症は違うので要注意!

オーツ麦

→グルテンは含まれていないものの、グルテンに似た成分が含まれることからグルテンの仲間とみなされています。また、小麦などと同一ラインでの加工などによるコンタミネーション(意図せず混入すること)が発生するため、気になる方はグルテンフリー表記のあるものの購入をおすすめします。

見落としがちな食品

醤油

発酵醸造でタンパク質が分解されるので基本的には問題がないとされています。しかし、すべての醤油に含まれないとは言い切れないため、気になる方はグルテンフリーのお醤油も販売されているのでそちらもおすすめです。

・ドレッシング類

→意外と小麦粉が入っています。そのため私はほとんど手作りしています。おいおいですが、レシピをアップしていきたいと思います。

ドレッシングのレシピ(後日公開!)

・カレーやシチューのルゥ類

・お麩(うっかり入れてしまいがちですが、こちらも小麦粉ですね。)

・そば(十割そばは大丈夫ですが、コンタミネーション問題はあります。)

・揚げ物(片栗粉や米粉で揚げられたものなら大丈夫です。)

・はんぺん

・グラノーラ類

パンや麺類(パスタ、うどん、ラーメン)、ケーキ、スナック類はご存知の通り大半がNGです。その他を大まかにですが例を挙げてみました。個人によっても症状の出方は違うと思うので、くれぐれも自己判断でお願いします。

私が、これ食べても大丈夫かな〜??と思う時は、体調が良い時のみ、ごく少量だけ(本当にわずかな量!一口の3分の1とかです。笑)食べてその後の体調をみるという感じで自分の中で線引きしています。

また、代替品も紹介していますので合わせてご覧下さい 😉

グルテンフリーの人のためのお役立ち食品集

まとめ

小麦、大麦、ライ麦にはグルテンが含まれている。また、スペルト小麦、オーツ小麦は完全なグルテンフリーではないものの、他の穀物に比べて比較的グルテンの量が少ないとされている。

醤油はグルテンが分解される説とそうでない説に分かれている。心配な人はグルテンフリーの醤油が売っているのでそれを使用することをおすすめする。

ドレッシングやカレーのルゥなど見落としに要注意。パッケージの成分表示チェックをお忘れなく。

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください