書くと記憶に残る!?手を使って書くこと

Sponsored Links

こんにちは!

あけましておめでとうございます。

本年もマイペースな更新になると思いますが、よろしくお願いします。

いつもご覧いただき感謝でございます。

また、もし体の不調にお悩みの方がいらっしゃいましたら、当ブログが何かヒントになれば嬉しいです。

書くと記憶に残る!?手を使って書くということ

そんな新年最初の記事は、どん!どどん!!

手を使って書くこと。 え?いきなり体とは関係ないこと?と思うようなタイトルですが、実はこれも健康管理に一役買ってくれると私は思うのです。

今では様々なデジタルツールが登場し、このブログもご覧の通りデジタルツールのひとつですね。

しかし、このデジタルツールがかなり普及している今こそアナログでの良さを再確認してみようではありませんか。

と言うのも。新年最初にゲットする物、それはお年dam…でなくて、おみくじ!でもなく(もない…笑)、買う物といえば、そう、手帳。無理矢理感失礼。

限られた時間を制するための相棒として、私は手帳を毎年買っています。

確かにスマートフォンでのスケジュール管理もいいのですが、私はメインでは紙の手帳を愛用しています。その中でも1番いいと思うことは、

書くと記憶に残るから!!!!!!です。

手を使って書く方が記憶に残ると言うことは実際に科学的にも証明されていて、(リソースなくてすみません)

また、書き出すことで頭の中がすっきり整理されます。←個人的意見。

さらに、手帳だとすぐに予定を俯瞰できるのも助かります。

スケージュールの他に、思いついたアイデアや自分の思考・気持ちなどありとあらゆることを書きまくっています。

そうすることで、常に頭の中を整理整頓でき、気持ちも落ち着き、目標に対する成果を知れたり、改めて見返すことで新たな気付きがあったりといいことがたくさんあります。

目標などもしっかりと具体的に書いて明確にすることで、自分の脳に刻み込まれます。そしてそれを毎日のように目にする。そうすると意識が変わり行動までもが変わってきます。これは面白いくらい変わる!

身体の健康というのは、心と体の健康のこと。

モヤモヤしていることなども手帳に書き出せば不思議とすっきり。もうひとりの自分がでてきて客観的に物事を見てくれます。

いろんな状態の自分を認めて、受け入れてあげることも健康管理には欠かせないひとつだと思います。

手帳は色々な使い方がありますが、スケジュール管理だけでなく、思考の整理や気持ちの整理にもおすすめです。そしてぜひぜひ、紙に書き込むよさも知ってみてほしいなと思います。

ではでは、また!

ご一読ありがとうございました!素敵な一日を!

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください